KIT ISC Logo

ISCトップページ  Contact Us  サイトマップ
利用の心得と利用規程

ここでは,情報科学センターの利用心得と利用規程を記載します. よく理解し,遵守してください.

万一,これらに違反した場合は,利用の承認を取り消されたり,さらには関連法令によって処罰されることがあります.

参考
利用案内

利用の心得

本センターでは、次のような利用が禁止されています。

  1. 公序良俗に反する利用
  2. 著作権、特許権など、知的所有権を侵害する利用
  3. 営利、宗教、政治など、本センターで認めた目的以外の利用
  4. 利用者ID、およびパスワードの第3者への開示、貸与、あるいは譲渡
  5. 他者の利用者IDあるいはパスワードの不正な入手
  6. 他者のプログラムやデータのファイル類への不正アクセスあるいはそれらの改ざん
  7. 「連鎖」メールや「迷惑」メールなど、好ましくないメールの発信
  8. 本センターおよび他組織の計算機、およびネットワークシステムの正常運営に支障を来す利用
  9. 上記の他、法令や社会倫理に反する、あるいは他者の正常利用に支障を来す利用

九州工業大学 情報科学センター利用規程

(目的)
第1条 この規程は、九州工業大学情報科学センター規則(昭和62年九工大規則第20号)第9条の規定に基づき、九州工業大学情報科学センター(以下「センター」という。)の利用に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(利用の原則)
第2条 センターの利用は、教育、研究、教育研究支援その他九州工業大学(以下「本学」という。)の運営上必要と認められるものに限るものとする。

(利用の資格)
第3条 センターを利用することができる者は、次のとおりとする。
 1. 本学に所属する職員及び学生
 2. 情報科学センター長(以下「センター長」という。)が特に許可した者

(利用の承認)
第4条 センターを利用しようとする者は、センター長の承認を受けなければならない。

(目的外利用の禁止)
第5条 センターの利用の承認を受けた者は、承認を受けた利用目的以外に利用し、又は他人に使用させてはならない。

(利用状況の届出等)
第6条 利用者は、センターの利用を終了し、又は中止したときは、速やかにセンター長に届け出なければならない。
 2. センター長は、利用者に対し、センター利用に係る事項について必要と認めるときは、報告を求めることができる。

(損害賠償)
第7条 利用者が、故意又は重大な過失により設備等を損傷したときは、その損害に相当する費用を負担しなければならない。

(利用の取消)
第8条 センター長は、利用者がこの規程に違反し、又はセンターの運営に重大な支障を生じさせたときは、その利用の承認を取消し、又はその利用を停止することができる。

(経費の負担)
第9条 センターの利用にあたっては、利用に係る経費の一部を負担しなければならない。ただし、センター長が特に必要があると認めたときは、利用経費の一部又は全部を免除することができる。

(雑則)
第10条 この規程に定めるもののほか、センターの利用に関し必要な事項は、別に定める。

附 則
この規程は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則
この規程は、平成25年4月1日から施行する。

万一、これらに違反した場合は、上記の利用規程第8条により、利用の承認を取り消されたり、さらには関連法令によって処罰されることがあります。

九州工業大学 情報科学センター